理事長挨拶

理事長 茂木 高次

わたしたち〔一般社団法人 ほのぼの相続〕は、相続に関するさまざまな問題に対しての解決策を提案できる専門家の集団として設立された非営利法人です。
多くの皆様にとって「相続」は人生に一度か二度しか経験しないものですが、実際その場面に遭遇するとほとんどの方々が、迷走、困惑し、どうしてよいかわからないという不安に襲われます。
ほのぼの相続は相続に関するプロフェッショナルとして、そういった皆様に対して最善かつ的確なアドバイスをご提供したいということを基本理念としております。

また、現実の相続の場面に遭遇してつくづく感じることは、「ご生前の対策」の重要性です。
生前に遺言書や財産管理委任契約、死後事務委任契約などの作成や相続税の対策を事前に準備しておけば、実際の相続発生後の混乱は大幅に軽減できるものと常日頃確信しております。
ほのぼの相続は、法務・税務・相続関連手続・財産管理等の相続に関連するあらゆる分野のプロフェッショナルとして、皆様のニーズに合致した的確なサービスをワンストップで対応できる体制を作りあげております。

今後ますます高齢社会が進展していきますが、老後や相続に関する様々な心配事も多くなっていくものと思われます。
例えば、複雑な相続手続のこと、自分自身の想いを込めた遺言書のこと、認知症になった後の財産管理のこと、相続税のことなど挙げたらきりがないほどあるでしょう。
そういったことを悩まないで、まずはわたしたちほのぼの相続にご相談ください。必ずや的確なアドバイスと具体的な対応策の立案を提供できるものと自負しております。

理事長略歴

昭和31年 長野県生まれ
昭和55年3月 千葉大学人文学部法経学科法律専攻卒業
同  年4月 中央信託銀行株式会社(現 三井住友信託銀行株式会社)入社
信託銀行員として相続・遺言関連の業務に従事
所属団体
役職ほか
  • 飯能調停協会会長
  • 飯能ライオンズクラブ会員
  • 日本交通法学会賛助会員
  • 宅地建物取引士
ページの先頭へ